記帳代行 東京

東京で経理・記帳代行なら私たちにお任せ下さい!

税理士に記帳代行を依頼するメリット

 

企業にとって会計帳簿は重要なものであることはいうまでもありません。税務上の観点からはもちろん、企業の経営状況を把握するためには、日々の帳簿をしっかりつける必要があります。

 

大きな企業でしたら、経理部署を設けて専業する従業員を配置できますが、個人事業主や新規事業者にとっては、非営利部門を自社の中に作ることは簡単な話ではありません。また、専門的知識が必要なうえ、手間がかかる業務ですので誰にでもできるというわけではありません。そこで生まれたのが記帳代行サービスです。
記帳代行とは、上記のような帳簿作成を税理士や専門業者がアウトソージングで処理することをいいます。具体的には、出入金に関わる領収書や通帳などのコピーを業務委託先に渡せば、会計帳簿を作成などの経理業務をやってれるサービスのことをいいます。いわば社外に経理部があるという感覚です。

 

この記帳代行というサービスは、主に税理士や専門のプロ業者が行っています。しかし、自分の会社の重要な経理処理を外部に任せるわけですから、もちろん委託先はしっかり考慮しなければなりません。費用でいいますと、一般的には専門業者より税理士の方が高いとされています。しかし、安さだけで業者を選定してしまうと後で大きなツケが回ってくることもあります

 

これらの帳簿は確定申告に直接関わるものですので、万が一間違えた処理をしてしまうと、多額な税金を支払うことになりかねません。また、知識が少ない業者や担当者に依頼してしまった場合は、知らぬ間に税制上の特典を受け損ねることも考えられます。質のことを考えると、その道のプロである税理士に依頼するのが良いのは間違いありません。そして、記帳代行から確定申告まで一貫してお任せすることができるものメリットといえます。

 

記帳代行業者が行うサービスには、税務署への確定申告は含まれていませんので、申告の際には改めて税理士に依頼する必要がでてきます。また、税理士にお任せすれば、税務上の相談にも乗って頂けます

 

税理士法にもあるように、税務相談を受けることができるのは有資格の税理士のみということになっています。現在は会計ソフトの進歩により、帳簿作成自体は昔よりはしやすくはなっています。しかし、あくまでも会計ソフトでできることは、帳簿を作成することのみです。

 

入力や帳簿の整理は自分でしなければなりません。もちろん節税対策をしてくれるわけではありません。記帳代行を検討しているのであれば、信頼できる有資格者にお任せするのが賢明といえます